人が老化する原因はなに?

「なぜ生物は老化するか」というのは多くの人が取り組んできた課題です。
これが解明できれば、老化を防ぐ方法だって近づけるでしょうから、人の関心を引き付けるのは当然でしょう。ひょっとしたら、「不老不死」なんてことが現実になるかもしれません。
が、色々な説が出ては、その説の欠点も発見され、決定打がない状況です。
思いつくものを挙げても、「プログラム説」、「エラー説」、「体細胞突然変異説」、「ストレス説」、「フリーラジカル(遊離基)説」、「神経内分泌説」、「代謝産物蓄積説」、「架橋結合説」、「すり切れ(摩耗)説」、「免疫異常説」、「活性酸素説」、「生物時計説」などがあります。
①プログラム説
細胞は分裂を繰り返して、古いものと新しいものの交換を繰り返しています。この遺伝子に最初から分裂できる回数が設定されていて、これを超えようとするときに老化が起こる、とする説。
②エラー説
細胞分裂のときに、少しずつ突然変異は起きています。これが次第に蓄積されて、一定限度を超えると破たんする、という説。
③活性酸素説
細胞が代謝活動をするときに、必ず活性酸素が発生しています。これがダメージとなり、老化する、という説。
④架橋結合説
細胞のたんぱく質の分子と分子の間に、「架橋」という結合部分ができてしまい、分子の形も変わってしまう。そのせいでたんぱく質の機能が失われ、それで構成されている細胞も機能が低下する、という説。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る