老化促進物質C1Qってどんな働きがある?

老化の原因は様々な説が唱えられていて、まだはっきりとしたことは分かっていません。が、少しずつですが、部分的には解明が進められています。
そんな中で最近話題になったのは、大阪大学の小室一成教授のグループによる研究です。「血液中のC1qが筋肉などの老化を引き起こしている」というのです。
「C1q」はたんぱく質の一種です。これまでは体内に侵入した細菌やウイルスと攻撃する免疫にかかわっている物質として知られていました。
小室教授らは、このC1qがマウスの血液中で、年齢と共に増加することに着目しました。
で、マウスの足に注入したところ、筋肉が線維化して、筋力が落ちることが確認されました。
また、老齢のマウスからC1qを取り除いてやると、今度は筋肉の細胞が再生されて、線維化した部分が減少することも分かりました。
これらのことから、「C1qは老化促進物質である」と結論が得られたのです。
まだまだ推定ですが、小室教授は「心不全、動脈硬化などほかの老化現象とも関係している可能性がある」としています。
免疫の能力を落とすわけにはいきませんので、直ちに「C1qをなくせばいい」というものではありません。が、このC1qの効果をより正確に分析することで、老化や老化による疾病を防げる可能性が高まることは間違いないでしょう。
老化による病気には、高血圧、心不全などの循環器系のものもあれば、多くのがんも含まれます。
今後の研究が期待されるところです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る