いつまでも若さを保つためのスタイル術

「お若いですね」とか「もっと年齢がしたかと思った」なんていわれると、うれしいですよね。これは何歳であろうと、女性であろうが男性であろうが変わりはないようです。
そのぱっと見た時の印象を決めているのは、お肌のコンディションによるものが大きいです。特に「シワ」です。
では、このシワと作ってしまう人と、そうでない人の違いはどこから来ているのでしょうか。
おそらくは、もっとも大きいのは「紫外線」にどう対処しているかでしょう。
一時、日焼けサロンが大はやりしたように、わざわざ日焼けする人も中にはいます。が、普通は日焼けも紫外線も避けるべきです。
当然のことながら、最も気を配らなければならないのは顔です。「他人に対する印象を決めてしまう」、というだけではありません。体のほかの多くの部分は普段は服などに守られています。が、顔はイスラム教の女性でもない限り、常に外にさらされています。
この紫外線による悪影響はいくつかあります。特にお肌の美しさにかかわるものとしては、コラーゲンへの影響です。
コラーゲンはお肌の中で、水分を保つ役割があり、この水分がなくなると、お肌もしぼんでしまうのです。結果、シワやタルミとなってしまいます。
紫外線はこのコラーゲンを切断する酵素をお肌の中に生じさせてしまうのです。
若いころは少々のダメージを受けても、コラーゲンの再生も盛んなので、すぐに回復します。が、年齢とともにこの再生する力がなくなっていくのです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る