アンチエイジングの研究が注目されています!

美容に関心の高い方ならば、すでに「アンチエイジング」のための方策は何か実践しているでしょう。
実はこの「アンチエイジング」という言葉は美容だけの用語ではありません。「エイジング」が「年をとること」とか「古びること」といった意味があります。それを否定するための「アンチ」がついてできている言葉です。
日本語にすると、「抗老化」「抗加齢」といった訳語になる場合もあります。これは主に医学会で使われています。
抗老化と考えると、単に見た目の問題だけではなく、「いかに若々しい体を保つか」といったことになるでしょう。それはすなわち、「長生き」にもつながってきます。
となると、医学界でも放っておけるようなテーマではないのです。世界中で大勢の専門家が取り組んでいます。
当然、日本の医学界もその例外ではありません。2001年には「日本抗加齢医学会」が設立されています。現在の会員数は7,000以上にもなるそうです。
この学会で取り組んでいるのは、「抗加齢医学(アンチエイジング医学)」です。これは「元気で長寿を享受することを目指す理論的・実践的科学」のことだそうです。
これを見て気がつくのは、「元気」「長寿」ということが、うたわれていることです。
「元気」には、当然体のことも考えられています。が、それに加えて「精神的にも前向きにくらす」といった内容も含んでいるそうです。
また、「長寿」には「成就を喜べるような環境を作る」と行ったことも意識されています。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る