アンチエイジングに欠かせない必須の成分ってなに?

アンチエイジングのためのサプリや化粧品のための成分には定番のものがあります。
自分で成分表などをチェックするときのために、基本的なことは知っておきましょう。
①ヒアルロン酸
水分を吸って、ため込むことのできる物質です。
その量はヒアルロン酸1グラムで約6リットルです。
お肌がプルンプルンでいられるのも、このヒアルロン酸のおかげです。
②コラーゲン
たんぱく質の一種です。
「美肌の成分」というイメージです。
が、それに限らず体内の至る所にあって、細胞と細胞をつなぎ留め、構造を支えています。
水分を含んだヒアルロン酸が居場所を確保できるのは、このコラーゲンの間に入り込むからです。
③ビタミンC
あまりに名前をよく聞くので、何に役立っているかわからないまま積極的にとっている人も多いでしょう。
抗酸化作用のあることで知られています。
細胞が古びることが避けられます。
なので新陳代謝がよくなり、シミ・そばかすの本体であるメラニンなども早く排出されます。
それだけに限らず、とにもかくにも細胞の健康を保つ成分です。
④コエンザイムQ10
こちらも抗酸化作用があります。
食事からとってもなかなか吸収されず、量が不足しがちです。
⑤ビオチン
「ビタミンB7」と呼ばれることもあります。
足りなくなると、湿しん、炎症などの皮膚のトラブルが出るほか、筋肉痛、神経障害、結膜炎などにもつながります。
⑥αリボ酸
体内で様々な化学反応を起こさせている物質に酵素があります。
その酵素をペアになってたすける「補酵素」の一種です。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る