アンチエイジングの一番の天敵、紫外線。

紫外線が美容の大敵というのは、みなさん知っていますよね。

でも、なかなか本当の恐ろしさまで理解している人は少ないようです。

「日焼けする」とか「シミソバカスの原因になる」のはもちろんです。

が、これらは一時的なダメージではありません。

ずっと何年もたってから、そのダメージが出てくる、あるいは今お肌がトラブルを抱えているのが、何年も前に浴びた紫外線のせいである可能性もあるのです。

ですから、今いくら若くてすぐに日焼けがさめるようでも、紫外線は避けた方がいいのです。

紫外線とは、「紫の波長よりも短い光線」のことです。

もちろん目に見えません。

この紫外線は波長の長短でさらに三種類に分けます。

長い方から順に「UVA」、「UVB」、「UVC」です。

UVAはお肌の奥まで届きます。

コラーゲンやエラスチンといったお肌の美しさを支えている成分を破壊します。

シワ・タルミに直接つながるようなダメージを与えるのです。

また、「UVB」はお肌の表面へのダメージになります。

お肌が赤くなるような日焼けはこのUVBのせいなのです。

これに反応してできるのがメラニンです。

つまりシミやソバカスの原因になります。

で、残るUVCです。

かつてはほとんど影響を考えなくていいような存在でした。

というのは、オゾン層に遮られますので、地上には届かなかったのです。

が、近年はこのオゾン層が薄くなったり、ほとんどないような地域もあります。

必ずしも「届かない」とも言い切れなくなっています。

このUVCを浴びると皮膚がんの原因となります。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る