食べ方を変えるだけでアンチエイジングできる!?

よく人の性格を判断するときに「好きなものを先に食べるか、残しておいて後から食べるか」なんて質問をしますよね。
「美しくなるための食べる順番がある」なんて知ってしまったら、好き・嫌いよりも、そちらを優先する人もいるでしょう。
これにはすでに名前がついていて、運動として進めているような人たちもいます。
この名前を「ベジファースト」といいます。「ベジタブル」を「ファースト」にですから、野菜が最初です。美容に関心の高い人たちの間では、もう常識でしょう。
まず、まず野菜サラダから食べ始めます。食物繊維が先に胃腸に行き渡ることで、後からくる糖分などの吸収を緩やかにしてくれます。
血糖値の急激な上昇が抑えられます。血糖値が一時的にでも高くなると、インシュリンが分泌され、取り過ぎたエネルギーを脂肪に変えてしまうのです。ですから、体に脂肪がつくのを抑えられます。
名前には野菜(ベジ)しか入っていませんが、もし順番を徹底するならば、次は肉や魚で炭水化物をとり、最後はご飯やめん類などの炭水化物です。
ほかにもちょっとした食事のとり方の工夫でアンチエイジングにつながることがあります。
たとえば、朝のコーヒーは、食後にすること。含まれているカフェインにはインシュリンを働きにくくする作用がありますので、食事より先にすると、血糖値を上げてしまいます。
すでに実践している人も多いとは思いますが、寝る直前の食事もNGです。血糖値の高い状態が長く続いてしまいます。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る