ウォーターロンダリングで若返る!

これだけ水で体ができているのですから、体内の反応のすべてに水がかかわっていると考えていいでしょう。
つまり、いかに食べ物などに気を使っていても、水を無視しては健康になれず、アンチエイジングも実現しないのです。
水に関する健康法として、よく紹介されるのが、「十分に水分をとりましょう」です。「毎日2リットル程度の飲むことが必要です」と具体的に数字まで挙げられていることがほとんどです。
この2リットルには根拠があります。まず、よく理解していない人も多いのですが、この「2リットル」は「食事でとる分以外に」ということです。
人間は一日あたり、2リットル強の水を排出しています。尿や汗です。
とる方は食事の際に水として摂取するのが0.6リットル。食物を分解して、エネルギーを発生させるのに伴って、出てくる分が0.2リットルだそうです。
差し引きして、少し余分にとる程度が「2リットル」ということになります。
万が一にも不足すると大変です。まず、血液が濃くなってしまい、スムーズに流れません。となると、身体中の細胞へ必要な栄養素を運ぶことができなくなり、逆に老廃物を細胞から持ち去ることもできなくなります。
この状態では細胞はどんどん傷んでいき、老化も早まります。
また、便も水分を失い、便秘がちになります。これもまた、体内に老廃物をためこむ原因のひとつになります。お肌も荒れてくるでしょう。
どう考えても、水は忘れてはいけない、健康に関するポイントなのです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る