大好きなフルーツで上手にアンチエイジング

「体にいいから」と、積極的に果物をとっている人は多いでしょう。あるいは、「何にいい」なんて理屈は抜きで、「好物だ」という人もいるでしょう。
もうすでに果物になじんでいる人でも、あと少し工夫して、より効率よく果物の恩恵にあずかりましょう。
そんな難しいことではなく、お金もかかりません。というより、果物を食べる手間はむしろ減り、お金は今よりも使わずに済みます。
というのは、皮ごと食べるのです。
もちろん、種類にもよります。が、リンゴやナシなどは必ずしもむかなくても食感は悪くはないでしょう?
皮にこそ、豊富な栄養が含まれているのです。なのに多くの場合、それを捨ててしまっているのです。もったいない話ですよね。
たとえば、キウイ。普通は皮をむいているか、あるいは真っ二つに切って、スプーンで果肉だけをすくい出しているでしょう?
皮を見ると、人間のうぶ毛のようなものが生えています。「口の中でイガイガしそう」と見えますよね。でもけっこう大丈夫ですよ。丸かじりするのです。
キウイの皮に含まれるポリフェノールの量は、果肉の三倍といいます。ポリフェノールは、活性酸素の働きを抑えてくれるので、細胞の老化防止につながります。
「皮にはたくさん農薬などが染み込んでいるから、危険だ」と考える人もいるようです。が、たいていの果物は大丈夫なようです。
特にキウイの場合、主要な産地であるニュージーランド人から見ると、逆にスプーンで果肉だけ食べている日本人が不思議なようです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る