アンチエイジングの味方・食物繊維のまとめ

食物繊維とひとことで言ってしまいますが、実は大きくふたつのタイプにわかれます。
「不溶性」と「水溶性」です。
「繊維」という言葉がしばしば、勘違いを誘うようです。
私たちが食物繊維以外で知っている繊維は、「木綿」だったり、「紙」だったりです。
どうしても形があって、スジが集まりとなってできているようなイメージがあります。
が、水に溶けてしまって、形としては見えないようなものもあるのです。
これが「水溶性食物繊維」です。
水溶性の食物繊維をたくさん含む食材の代表はなんといっても、こんにゃくです。
ほかの栄養素はほぼありませんで、ほとんど水溶性食物繊維だけのための食材のようなものです。
あとは海藻類、果物類です。
この水溶性食物繊維が体内に消化・吸収されると、コレステロールを吸着してくれます。
そこから波及して、様々な病気を防ぐことになります。
一方、不溶性食物繊維には、便秘を防ぐ効果があります。
食物繊維が混じることで、便の体積が小さくならずに済むのです。
この状態でこそ、腸も活動が活発になるのです。
多く含まれている食材としては、穀類、豆類。
あとは多くの野菜です。
エビやカニの甲羅にもたくさん含まれています。
が、そのまま食べるものではないですよね。
加工されて、サプリメントなどになっています。
コレステロール値を下げ、便秘を改善するのですから、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症などの防止になります。
また、がんや胆石などにもかかりにくくなります。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る