肌のたるみとコラーゲン

年齢とともに肌のたるみが気になりますが、大きな原因は25歳以降、加齢とともに劣化し、減少していくコラーゲンです。
人間の身体を作るたんぱく質の約3分の1を占め、真皮や腱、軟骨などの結合組織の主成分で、全身のほとんどの部位に存在し、肌の弾力や強度に影響し、バネのような働きをしている真皮層を支えています。
コラーゲンが減少したり、新陳代謝が衰えたりすると、肌の弾力性がなくなります。
そこに加齢によって表皮の厚みが約半分にまで薄くなり、重力の影響も加わることで肌のたるみにつながると考えられます。
ハリのあるたるまない肌を作るには、サプリメントを摂取すれば良いと思いがちですが、基本はバランスの良い食事を摂ることが大切です。
コラーゲンだけでなく、元となるたんぱく質や合成を助けるビタミンCも一緒に摂ることが必要で、不足分をサプリメントで補うと考えると良いでしょう。
その他、たるみのない肌に必要なものとして、繊維芽細胞、エラスチン、ヒアルロン酸があります。
繊維芽細胞はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを産生する細胞でやはり加齢や紫外線などによって減少します。
エラスチンは肌を構成する成分の一つで、弾力性や伸縮性を与えており、加齢によって減少し、変性すると肌のたるみやシワの原因となります。
ヒアルロン酸は肌や関節などに多く含まれる保水力に富む成分で、加齢や高脂肪の食事、糖化によって減少します。
肌のたるみの一因で、コラーゲンを摂取すると合成力がアップします。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る