コラーゲンと脂ってどう違うの?知っておきたい脂の害

コラーゲンが豊富な食材として名前が挙がるのは、牛スジ、豚骨、手羽先、ウナギなどです。
いずれも脂っこいものです。このため勘違いしている人も多いようです。
「脂っこい食材にはコラーゲンが豊富だ」。あるいは、「食材の中で、脂っこい部分を選んで食べれば、コラーゲンがたくさん補充できる」。
が、混同しないようにしましょう。脂分とコラーゲンは別のものです。区分けせずに、脂っこい部分ばかり食べると、コラーゲン補充にならないどころか、脂肪太り、動脈硬化などの原因になります。
まず、栄養素としての内容が違います。
「炭水化物」「たんぱく質」「脂肪」を三大栄養素といいます。コラーゲンはこのうちのたんぱく質の一種です。が、脂分はそのまま脂肪です。
牛肉でいえば、脂身は脂肪です。コラーゲンがあるのは、軟骨やスジの部分です。隣りあわせになっていることもあるかもしれませんが、内容は大違いです。
脂肪は体の中に入ると活動するためのエネルギー源となります。もし、それが余るとエネルギーとして使う時に備え、体脂肪として蓄えられます。
この蓄えの分が多すぎると肥満ということになります。
コラーゲンは体の中では、連結し、繊維状になって存在します。骨、軟骨、真皮、腱(けん)、血管などの中に存在して、それらが引っ張られても、曲げられても、容易に切れたり、折れたりしないように支えています。
たとえば、血管が伸び縮みして、血液を送ることができるのは、コラーゲンのおかげなのです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る