実はコラーゲンは効果ががないという意見もあるけれど・・・

よくなべ料理などで、スッポンとか豚足のプルプルした部分がスープの中で煮えているのを見て、「お肌がプリプリになりそう」とかいって、口に運ぶ人がいます。
が、持っているイメージが、間違っていることが多いようです。
そのスッポンや豚足のコラーゲンが胃を通って、腸に達する。そこから吸収されて、お肌の中でプリプリの成分になってくれる……そんな様子を思い描いているようです。
が、実際のところは少し違います。まず、スッポンや豚足などの動物性のコラーゲンは分子量が大きいです。それにいったんはアミノ酸に分解されます。
分子量の大きいコラーゲンはアミノ酸となっても大きいままのことが多いです。腸の壁を通ることができない分が少なからず出てきます。これは便となって排出されます。
また、腸の壁から吸収されても、コラーゲン以外のたんぱく質の材料として持っていかれる分があります。
こうやって考えると、スッポンや豚足が持っているコラーゲンのうち、体の中で再びコラーゲンとなるのは一部でしかないことが分かります。
もちろん、コラーゲン以外のたんぱく質も私たちの体にとって必要なものです。無駄になったことにはなりません。
が、もし美肌効果を求めているのならば、単にコラーゲンが多い食材をとるのではなく、効率よくとれて、効果的に体内のコラーゲンとなってくれるように考える必要があります。
たとえば、動物由来のコラーゲンよりも、魚由来の方が低分子です。よく吸収されます。
また、サプリメントやドリンクならば、低分子化したコラーゲンを配合していることが多いようです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る