コラーゲンを補うには食事が大事

一日の消耗するコラーゲンの量を補充するだけならば、日ごろの食材を工夫すれば可能でしょう。
が、「今のお肌のコンディションを変えたい」というのならば、それでは不足です。「シワが目立ってきた」「お肌に張りが欲しい」というのならば、毎日コンスタントに、サプリやドリンクなど一般の食材以外からもとることになるでしょう。
また、いくら食事を工夫するといっても、限界があるかもしれません。毎回コラーゲン重視の食事ばかりにしていると、選べるメニューが限られてきます。
また、もし、家族と同居しているのならば、自分は一日5グラム程度のペースのコラーゲン摂取をして、家族は2グラム程度のペースというのでは、家族は振り回されてしまいます。
この意味からも、サプリやドリンクが必要になってきます。
また、逆に「いままでどうやら足りてはいなかった。が、特に問題は出ていない。なので、コラーゲンの摂取量も気にしない」という人がいたら、それは間違いです。
お肌にマイナスになっているだけではなく、ほかへの悪影響も蓄積していることになるでしょう。
たとえば、関節。軟骨にはコラーゲンが含まれています。コラーゲンが足りないと、骨と骨との間でクッション役になる軟骨が薄くなっていっているかもしれません。ある限度をこすと、急に痛みが出るでしょう。関節痛です。
また、コラーゲンは血管を作る成分でもあります。足りないと、日々、血管が固くなっているでしょう。動脈硬化などへの道を歩むことになります。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る