コラーゲンが一気に摂れる超便利な料理の裏ワザ

「コラーゲンがたくさんとれる」という料理はいくつもあります。
が、代表はなんといっても、その名もずばりの「コラーゲンなべ」でしょう。
とはいっても、何か一つの種類の料理をいうわけではありません。本やネット上で、いくつものレシピが紹介されています。
また、「なべ」といっても、和風に限ることはないようです。シチュー、ポトフなどでも可能です。
要は、コラーゲンをたくさん含んだ食材を、そのコラーゲンを逃さないようにして、汁にたくさん取り込めばいいのです。
また、食材の取り合わせを考えて、ビタミンやミネラルたっぷりにすると、より効率よく、体の中でコラーゲンが再生されます。
特にビタミンCは重要です。野菜などでしっかり確保しましょう。
おすすめの食材としては、鳥、牛、豚よりも魚介類です。
鳥、牛、豚のコラーゲンはそこそこ高温でないと、固まったままになります。腸内の温度ではちょっと足りないので、そのまま排出されてしまう分も多いのです。
魚介類ならば、そんなことはありません。
たとえば、アンコウなべなどいかがでしょう。見た目にもプルプルして、コラーゲンたっぷりなのが実感できます。きっと満足感も高いでしょう。
また、どんななべも一気にコラーゲンなべにしてしまう「コラーゲンボール」というものがあります。
コラーゲンを固めたものです。なべにいれて溶かすだけです。
市販のものもありますが、自宅でも簡単に作れます。材料は鶏がらスープと粉ゼラチンぐらいです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る