コラーゲンは化粧品で補充できない?!

食事などからしっかりとコラーゲンをとる。そのことで、お肌の中の細胞が強化されます。そうなると、水分も逃さずにため込むことができるようになります。
もし、乾燥肌で悩んでいるような人がいれば、化粧水などで一生懸命水分を送り込むだけではなく、コラーゲンを積極的にとることも考えるようにしましょう。
また、お肌の組織はコラーゲンだけでできているわけではありません。
ほかには、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミドなども、しっかりとした細胞を作り、水分を保つことにかかわっています。これらも忘れずに補充するようにしましょう。
また、化粧品にもコラーゲンが含まれたものがたくさんあります。が、ちょっと目的が違うことは覚えおきましょう。
というのは、お肌の外からは細胞の深いところまでコラーゲンが浸透することはありません。分子が大きすぎるのです。

浸透はもっとも表面の角質層だけです。この部分での保水性をアップさせるだけです。ですから本当のお肌の細胞の改善にはなりません。
実は本当に外からコラーゲンを送り込む方法がほかにあるのです。
「コラーゲン注射」といいます。美容のいろいろな面で利用されています。
たとえば、シワになっている部分に使うと、そこのボリュームがまし、ハリが出てきます。
あるいは、「鼻を高くしたい」なんて時にも、鼻のてっぺんに注射することで、可能になります。
でも、このやり方はちょっと非常手段ですね。食材やサプリでとるのが、まずは考えるべきことでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る