人間とコラーゲンの関わり

人間が生きていくためにはコラーゲンが欠かすことができません。
体を構成しているタンパク質のうち、約3割はコラーゲンであると言われています。
私達の皮膚や骨、臓器といった器官でとても大切な役割があり、適度な水分を維持するために必要であったり、細胞同士を繋ぎ合わせることから絶対に欠かすことができないのです。
弾力性があることから、関節の滑らかな動きやお肌のハリを維持するために役立ちます。
中高年以上の方が関節の痛みを訴え、歩きにくくなってしまうのはコラーゲンが不足して古くなってきた証拠なのです。
赤ちゃんの肌はとてもハリがあり、触るとプルンと弾力が感じられますが、お年寄りの肌は触ってもシワシワでハリもほとんど感じられることはありません。
年齢を重ねると次第にこのような老化現象が顕著に見られるのは、コラーゲンが不足していることが大きな要因となるのです。
人間が健康を維持しながら、若々しいお肌を維持するためにはコラーゲンはとても重要な役割を担うということになります。
しかし、年齢を重ねると次第に体内から失われてしまうのは仕方のないことなのです。
そのためコラーゲンを含む食品をできるだけ摂取するようにしたり、サプリメントなどを活用することが効果的だといえます。
コラーゲンを体内で生成するためには、ビタミンCを一緒に摂取することが良いと言われています。
私達の健康と若さを維持するためにも、できるだけコラーゲンを意識した生活を心がけましょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る