コラーゲンとお肌の関係

細胞組織を取り囲むように存在しているコラーゲンは、皮膚細胞を若々しく保つために重要な働きをします。
コラーゲンの新陳代謝が高まると、細胞の新陳代謝が活性化され、全身の新陳代謝も良くなるので、年齢を重ねても若々しく健康的な皮膚細胞を保つことができます。
これまでの食習慣では積極的に摂ることはなかった骨や内臓、皮などに豊富に含まれていることが分かり、食事で摂り入れるための見直しの必要性が指摘されています。
これは今までコラーゲンは、劣ったたんぱく質に過ぎないと間違った認識を持っていた栄養学を見直す必要性も含んでいます。
皮膚組織は一番外側から、表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)から成り立ち、表面に見えるのは表皮で、角質層と新しい皮膚細胞を作る基底層があります。
基底層を支える役割を果たしているのが真皮で、皮膚組織の本体は真皮の部分になります。
真皮部分の70%を占めるのがコラーゲンで、真皮層の中で網目のように張り巡らされ、水分を保ち、肌の弾力をつかさどり、表皮の保水力のカギを握っています。
20歳を過ぎると年齢と共に真皮層が薄くなり、水分を保つ場所が狭められ、その結果、保湿効果が衰え、カサカサ状態の皮膚になってしまいます。
コラーゲンを補給して新陳代謝を活発にしてあげると、水分をためこむ力が衰えず、再びみずみずしく張りのある肌を取り戻すことができるようになります。
肌の老化は避けられませんが、老化現象を緩やかにすることは可能です。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る