フィッシュコラーゲンの特性

フィッシュコラーゲンは文字通り、魚から抽出したもので、マリンコラーゲンとも呼ばれます。
牛や豚などの動物性とは違い、脂肪など不純物が少なく、感染症やアレルギー反応も殆どないので、安全性が高く、動物特有の臭いや味もしないため摂取しやすいという特長があります。
また、タンパク質の組織が動物性に比べて、アミノ酸に分解されやすく、吸収率は約7倍優れていることが研究報告で明らかになっています。
さらに低カロリーなので、ダイエット中でも気にすることなく気軽に飲めると女性に人気のコラーゲンです。
フィッシュコラーゲンは魚のどの部位から抽出するかによって、品質が大きく変わります。
一般的に多くのメーカーが原料としているのは魚のウロコで、元々捨てられる物なので、原料を安く調達できるメリットがあります。
魚のウロコを原料にしたものは安いですが、硬くて不純物が多いウロコから抽出するには、塩酸などを使用する脱灰処理をする必要があり、品質が変わってしまいます。
一方、魚の皮を原料としたものは、ウロコより高価ですが、不純物が殆どないため、酵素処理だけで抽出することができます。
そのため、分子を傷つけることがなく、高品質のものができます。
事実、ウロコ原料のものから皮原料のものに変えただけで、より効果を実感できたという方が多いようです。
フィッシュコラーゲンを選ぶ時は、魚の皮を原料にしたもの、ペプチド化されたもの、品質の信頼性のために、原料・製造は国産のものをお勧めします。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る