体内コラーゲンの代表的な3種類

一口にコラーゲンと言っても人体の中には30種類前後あり、それぞれが違った大切な役割を持っています。
その中で、もっとも種類が多く美肌に直接結びついている3系統の種類があります。
Ⅰ型コラーゲンは皮膚の90%を作っているとされ、代表的な種類です。
Ⅰ型は肌の真皮に存在し、肌の潤いや弾力を保つ働きをしています。
そのため、美容効果などを目的としたサプリの殆どはⅠ型から作られています。
I型は皮膚以外に骨に多く含まれ、弾力性を持たせる働きをしています。
Ⅱ型コラーゲンは、Ⅰ型の次に多く体内にあり、主に軟骨に多く含まれ、Ⅱ型を多く摂取すれば、関節を強くすることができます。
また、血管、血液、眼球にも多いので、目の健康にも有効です。
Ⅱ型が健全な関節形成を促す作用は一時的なものではなく、根本的な関節の痛みや腫れを抑える効果があると研究結果が出ています。
Ⅲ型コラーゲンは繊維性で、Ⅰ型が存在する組織にも共存する場合が多いとされます。
Ⅲ型を多く摂取すると肌に十分な水分が保てるので、潤いと弾力のある健康な肌になります。
Ⅲ型の体内量は子どもの時分に最も多く含まれるので、別名ベビーコラーゲンと呼ばれ、20~25歳頃から減少の一途を辿ります。
Ⅲ型とⅠ型の割合は赤ちゃんの時は1:4、成人すると1:10にもなると言われます。
Ⅲ型は皮膚の大部分を作っているⅠ型をサポートし、美肌を作るために大切な要素となっており、アンチエイジング効果が期待できます。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る