家庭でも手軽にできるコラーゲン鍋

冬になると食べたくなるのが鍋料理ですが、コラーゲン鍋というものがあるのをご存知ですか?
テレビのグルメ番組でお店の特集をしていたり、鍋の素のコマーシャルが放送されていたりします。
どのような料理なのかと言えば、コラーゲンを具材にしているわけではなく、コラーゲンをたっぷり含むといわれる、例えばフカヒレや牛スジなどを鍋で煮込んだ料理のことです。
具材をゆっくり煮込んでいくので、鍋のスープにはたくさんのコラーゲンが溶け出しています。
たっぷり溶け出したスープで野菜などを煮て食べます。
これまでの鍋料理でフカヒレを煮て、みんなで食べるというレシピはありませんでしたし、牛スジもおでんや煮込み料理はありましたが、鍋に入れて食べるというレシピはなかったと思います。
フカヒレや牛スジを煮込んだコラーゲン鍋も良いですが、家庭で手軽にできるレシピを紹介します。
材料は2人分として手羽先2本、ねぎの白い部分を約7cm、ねぎの青い部分1本、好きな野菜を適量、水2カップと塩小さじ1/4~1/2です。
手羽先のスープでおいしいダシがでるので、味付けは塩だけでシンプルに仕上げます。
作り方はねぎの白い部分と野菜をスライスし、ねぎの青い部分はそのままで、鍋に塩以外の材料すべてを入れてフタをし、中火で煮ます。
沸騰したら弱火で30分煮て、ねぎの青い部分を取り出し、仕上げに塩を振って味付けすればできあがりです。
鍋は素材のおいしさを引き出すストウブ鍋が最適です。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る