美容成分コラーゲンとは

美容成分でお馴染みのコラーゲンは、たんぱく質の一種で身体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、目、髪の毛など人間の身体のあらゆる組織に含まれ、主に細胞組織を繋ぎとめる働きがあります。
たんぱく質はアミノ酸が多数結合したもので、必須アミノ酸9種と非必須アミノ酸11種の合計20種類が存在し、アミノ酸の種類や数、結合の順序により、たんぱく質の種類は膨大に存在しています。
生体内に存在するたんぱく質は約10万種類といわれ、その機能も様々です。
コラーゲンは約10万種類ある生体内のたんぱく質のうち、約30%を占めており、たんぱく質の代表であると同時に、それだけ人間の身体にとってなくてはならない存在であるということが分かります。
コラーゲンは他の体内のたんぱく質とは異なり、細胞と細胞の隙間、細胞の外側に繊維や膜などの組織を生成し、細胞組織を繋ぎとめ、細胞を配列させる仕切りの役割をしています。
人間の身体の中のコラーゲン量は全体重の約6%に相当し、そのほとんどが水に溶けずに存在しています。
60%が水分と言われる人間の体重で、それだけ大きな比重を占めていることになります。
特にコラーゲンを多く含む骨では乾燥重量の90%、腱では乾燥重量の85%、皮膚では乾燥重量の75%を占めています。
人間の体内で働くだけでなく、人間の生活にも様々に利用されており、食用ではゼラチンの主成分であり、栄養補助食品や美容ドリンクに、他に化粧品や医薬品にも使用されます。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る