コラーゲンにも副作用はある?注意したい服用法

コラーゲンに副作用があるかどうかです。
結論を先にいうと、「非常識なほど飲まない限り大丈夫」です。
コラーゲンは元々、人間の体の中にあるものです。
というより、人間が自分の体内で作り出しているものです。
「足りなくなっているときに、そのコラーゲンを作る材料になるものを体内に送り込んで、生産量を増やす手助けをする」というのが、コラーゲン配合のサプリメントやドリンクです。
もし、「非常識なほど飲」んだら、どうなるのでしょう。
知られている症状としては、「吹き出物」「ニキビ」「かゆみ」「しびれ」などです。
いずれも入院するような深刻なものではありません。
ただ、コラーゲン入りのサプリやドリンクを飲む人の多くは、お肌をきれいにしたいはずです。
吹き出物やニキビができるようでは、まったく逆効果になります。
また、コラーゲンを摂取する効果は、一度に大量に飲んでもアップしません。
決められた量を毎日欠かさず飲むことが、効果を得る近道です。
あえて、大量に飲んでみる理由もないでしょう。
安全性に関しては、さほど心配のないコラーゲンですが、アレルギーの用心はした方がいいでしょう。
多くの製品が魚由来か豚由来です。
これらに対してアレルギーのある人は、サプリやコラーゲンになっても反応してしまう可能性があります。
また、豚などの動物由来のものに、いかにも感染症の恐れがあるかのように、説明されることがあります。
が、実際に起きたことはありません。
感染症一般の話として「もし起きればどこまで影響が広がるか分からない」という面はあります。
その意味での用心は必要です。
が、個人が考えるようなことではないでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る