カレイもコラーゲンたっぷりのねらい目食材

さらにオススメの食材といえば、カレイ。
魚のコラーゲンは牛や豚に比べ、吸収しやすいのが魅力です。
牛や豚だと、そのまま便となって排出されてしまう分も多いのす。
魚の場合、コラーゲンが多いのは、骨や皮です。
ですから、切り身や三枚に下ろしてしまうよりは、内蔵だけとって、丸ごと煮た方がコラーゲン摂取にはいいです。
カレイの煮つけは、おしょうゆは薄めにした方がいいでしょう。
というのは、煮汁も残したくないからです。
カレイを煮込むと、皮や骨が持っているコラーゲンが煮汁に溶け出すのです。
捨てるのはもったいないです。
なのに味が濃いと飲む気がしないでしょう?
また、煮汁が多めにできたのならば、煮こごりにしてみましょう。
しばらくそのままにしておくか、冷蔵庫にでも入れれば、その汁が固まります。
この中にもコラーゲンがたっぷりなのです。
また、魚ほど吸収がよくありませんが、手羽先もコラーゲンのメニューとして、レパートリーに加えましょう。
魚だけは飽きてしまいますものね。
お店などで食べる場合は、焼いたものや揚げたもののイメージが強いかもしれません。
が、家庭でならば、煮込むのが簡単でいいです。
レモンを加えると、あっさりしていておいしいですよ。
材料は手羽先十本ならば、レモンは小一個です。
あとはネギ、ショウガ、しょうゆ、酒、砂糖などです。
レモンは絞っておきましょう。
しょうゆなどで煮汁を作ります。
手羽先は塩コショウして、まずはフライパンで焼いて焦げ目をつけます。
なべに移して、しょうゆなどで作った煮汁で十五分ほど煮込みます。
最後にレモンの汁を入れて、ひと煮立ちさせます。
煮込んでしまうと、苦みが出ますので、さっと済ませましょう。
手羽先はほかにはスープにしてもいいでしょう。
この場合は、骨からもコラーゲンがしみだして、よりたくさんの量をとることができるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る