美肌になるコラーゲンの料理法。

「コラーゲンたっぷり」なんてお料理があります。
インターネット上を見ると、たくさんの人がレシピを紹介しています。
あるいはレトルトなどになっていて、商品化され、通販で扱われています。
説明を見ると、「お肌がプルプルになる」とか、「これでお肌のハリとツヤを取り戻しましょう」、「女性にうれしい」なんて書いてあります。
こういったものを見ると、なんだかその食材のコラーゲンがストレートに自分のお肌の成分になるようなイメージを持ってしまいます。
が、これらはいったんはアミノ酸に分解されます。
体の中では、それを材料にして、もう一度作り直します。
ですから、吸収しやすいもの、再生されやすいものを選ぶようにした方がいいでしょう。
牛、豚、鳥よりも魚介類がオススメです。
ウナギ、ドジョウ、タイ、カレイ、ヒラメなどです。
ほかには貝類、エビ、ナマコ、クラゲ。
あと、高級食材のフカヒレ。
少し前までは「美味」とか「珍味」の面がクローズアップされていたように思います。
が、最近は必ず「コラーゲンたっぷり」なんて、ひとこと加えられています。
おすすめの調理方法は煮ものです。
魚の皮やうろこ、骨や骨の周りにもしっかりとコラーゲンが含まれています。
うろこは少々無理でも、皮などはしっかりと食べましょう。
また、煮汁が冷めてできる煮こごりはコラーゲンのかたまりです。
捨ててはもったいないですよ。
あと、シラスは便利です。
調理する必要はありませんし、そこそこ日持ちもします。
切らさずにおいて、ちょっとご飯などに振りかければいいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る