動物性コラーゲンはだめ!断然海洋性(マリン)コラーゲンがおすすめ!

よく、牛筋や豚足などを目の間にして、「わあ、コラーゲンたっぷり」なんて喜んでいる人がいます。
でも、もしコラーゲン摂取が目的ならば、あまりオススメできない食材です。
もし、これらを食べて、翌日「昨日の食事のおかげで、おはだがプルプル」なんていっていたら、かなりのところは気分の問題です。
というのは、動物性のコラーゲンはあまりうまく消化・吸収できません。
分子量が大きく、腸の壁を通り抜けにくいのです。
ほとんどが便として排出されるだけです。
コラーゲン目的の食材であれば、魚の方がいいでしょう。
魚類のコラーゲンはわざわざ「マリンコラーゲン(海洋性コラーゲン)」の名前がついていて、区別されています。
マリンコラーゲン方が腸の中では分子が小さくなります。
腸の壁を通り抜けやすく、効率よく吸収できます。
また、魚の方が牛筋や豚骨よりもカロリーが低いです。
「体の中に届かせる」ということでは、魚の方が、より少ない摂取量とカロリーで済むのです。
美容のためにはこの方がいいのは間違いないでしょう。
また、魚の体の中で、もっとも摂取効率のいいコラーゲンが含まれているのはうろこです。
なかなかうろこを食べる調理方法は少ないと思います。
「空揚げならば、うろこがついていても気にならないかも」と思います。
できれば、使う魚の種類や調理方法を考えて、たまにはうろこも食べてみましょう。
また、ほかの食材との取り合わせも大事です。
ビタミンCや鉄、良質のたんぱく質などもちゃんととりましょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る