毎日欠かさずコラーゲンを補う小技はこれ。

コラーゲンなべに代表されるように、工夫次第でお料理からもたっぷりとコラーゲンをとることができます。

が、毎日コラーゲンなべやそのほかコラーゲンのための料理を続けるのは大変でしょう。

これらの料理のメーンは、牛筋、豚足、手羽先、魚介類など。

下準備に時間がかかったり、柔らかくするために長時間煮込む必要のある食材が多いです。

かといって、「今日は二、三日分、一気にコラーゲンをとったぞ」というわけにもいかないのです。

毎日欠かさずとることが大事なのです。

コラーゲンなべなどは数日に一回にしておいて、合間の日はお手軽にコラーゲンをとるようにしましょう。

長く続けるには、そういう割り切り方が必要です。

たとえば、「コラーゲン入り」と銘打った食品。

「なべの元」もあれば、「スープ」もあるでしょう。

さらには「コラーゲン入りラーメン」「コラーゲン入りヨーグルト」「コラーゲン入りグミ」だってあります。

値段はそんなにお高くはないようです。

また、レトルトなどになっていることが多いので、日持ちがします。

あと意外にいいのが缶詰類です。

コンビーフ、牛肉の大和煮などは、しっかりと煮込まれています。

「コラーゲン入り」などとアピールされていませんが、実は豊富に含まれています。

さらにオススメはイワシ、サケ、サバ、サンマなどの魚の缶詰。

骨や皮も一緒になっていています。

多くの場合、骨もそのまま食べられます。

骨や皮にはコラーゲンがたっぷりなのです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る