コラーゲンだけをとっても意味がありません。

コラーゲンといえば、まずは「お肌をプルプルにするための成分」といったイメージですよね。

コラーゲン入りの健康食品などでも、まずはそういったことが強調されています。

でも、それだけではないんですよ。

体のあらゆるところでコラーゲンは必要です。

骨、軟骨、血管の壁などもコラーゲンがあってこそできるのです。

もし足りなくなると、骨が弱くなる、関節痛になる、血管がから柔軟性が失われるなどの問題が発生します。

つまり、お肌の美しさだけではなく、健康一般を維持するためにもしっかりとコラーゲンをとる必要があるのです。

コラーゲンのとり方はいくつかあります。

ドリンクやサプリなどはコラーゲン配合のものがいくつも販売されています。

ともすると、これらを「買わなきゃ」と思ってしまうでしょう。

でも、身近な食材に中にもコラーゲンをたくさん含んでいるものがあります。

これらを選んで食べてもいいんです。

コラーゲン入りのものをたくさんとって、「これでお肌がプルプルになるわ」なんてひと安心している人もいるでしょう。

でも、ひとつ気を付けなければならないことがあります。

ドリンクやサプリであれ、普段の食事であれ、単にコラーゲンをとる量を増やすだけでは、意味がないのです。

というのは、胃腸で消化されたコラーゲンはそれだけでうまく体の一部になってくれるわけではありません。

そのためには良質のたんぱく質も合わせてとる必要があるのです。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る