全身の骨にもコラーゲンはかかわっています。

コラーゲンは人間の体を作る材料となっています。

よく強調されるのはお肌ですが、ほかの至る所で使われています。

何しろ、体内のたんぱく質の四分の一はコラーゲンなのです。

骨もその例外ではありません。

骨は硬骨と軟骨の二つでできています。

硬骨はその文字の通りに硬い部分で、背骨や大たい骨など太くてしっかりした部分をいいます。

軟骨はそれらの先端部分についています。

コラーゲンが入っていて、骨と骨が直接ぶつかり合わないように、潤滑油とクッションを兼ねたような役割を果たしています。

関節痛の対策に、コラーゲンの摂取がおすすめなのは、この軟骨のコラーゲンを補充するためです。

が、忘れられがちなのですが、硬骨にもコラーゲンはたくさん含まれています。

骨の材料といえば、まずはカルシウムを思い浮かべますよね。

あとはリン酸。

でもこれだけでは不十分です。

コラーゲンはお肌同様、骨の中でも繊維状になってその構造を支えています。

もし、骨の中にコラーゲンがなければ、一つのかたまりとして骨が存在することもできないのです。

骨に硬さを与えているのも、コラーゲンの働きによるところが大です。

そして、このコラーゲンも骨全体も、毎日少しずつ、古いものが新しいものに置き換えられています。

新陳代謝はお肌の細胞ばかりではないのです。

その骨の新陳代謝を滞りのないものにするためにも、コラーゲンの補充が必要なのです。

よく高齢者のトラブルとして語られる骨粗しょう症も、カルシウムだけではなくコラーゲンの問題からきていることがあります。

もし、新陳代謝が順調に行われず、古いコラーゲンが残ったら、どうなるのでしょう。

まず、古くなったせいで、繊維の質が悪くなり、骨の中におかしな張り巡り方をするようになります。

と、同時にすき間がどんどんできてきます。

これがよく「骨がスカスカ」という状況です。

また、カルシウムとリンの結びつき方も弱くなります。

スカスカ状態で、部材もちゃんと結びついていないのですから、強度が落ちるのは当然です。

骨というと、どうしてもカルシウムのイメージが先に来ます。

下手をすると、カルシウムだけをとっていれば、骨の健康が保てるようにさえ考えてしまいます。

が、これは間違いです。

骨の成分の内容を見ると、カルシウムやリン酸などの無機質は全体の約70パーセントです。

水分は10パーセント。

残る20パーセントが有機質です。

コラーゲンは有機質のうちの約90パーセントを占めています。

この全体では五分の一程度のコラーゲンが網の目状に骨の中に張り巡らされています。

そして、それに張り付くような形で、カルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラル類が存在します。

このようにコラーゲンは場所を提供しているだけではありません。

コラーゲン自体にも弾力性があります。

もし、カルシウムなどのミネラルだけならば、硬くはなっても弾力性を持つことができません。

これでは骨はちょっとでも曲げられると、折れてしまいます。

このように、いくつもの理由で丈夫な骨にはなくてはならないのがコラーゲンなのです。

コラーゲンはもともと体の中で作り出されています。

若いころはその量も足りています。

が、この生産量は年齢とともに落ちてきます。

お肌が衰えたり、関節の動きがスムーズでなくなるのは、そのせいです。

ですから、見た目も動きも若々しさと保とうというのであれば、コラーゲンを補充してやらなければなりません。

コラーゲンは硬骨といって、骨の本体部分にも含まれています。

こちらでは主に強度を保つ役割を果たしています。

関節の動きをスムーズにするのは、硬骨の端の部分にある軟骨に含まれている分です。

これって、説明されなくても普段、目にすることも多いでしょう。

手羽先とか豚骨とか、牛筋が料理になっているのを見ると、多くの人が「今日はコラーゲンがとれるぞ」なんて口に出していますものね。

これらのプルプルした部分が軟骨です。

この軟骨にコラーゲンが入っているのを知っているから、みんなのうれしそうな反応になるのでしょう。

コラーゲンが減ったり、その質が落ちて、軟骨が減り始めても、初めは大きな変化はありません。

が、一定量減ってしまうと、痛みが出始めます。

ここからは減少に従って、痛みも強くなるでしょう。

それが進行すると、関節自体の形も変わってしまいます。

もう、「お肌がきれいかどうか」の美容どころの話ではありません。

日常生活を送るのにも支障が出ているでしょう。

こんなことにならないように、まだ痛みがなくてもコラーゲンはしっかりととるようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る