コラーゲンでできたゼラチン

ゼラチンと言えば、「ゼリーやババロアとか、料理やお菓子作りに使うもの」というイメージですが、実はカメラのフィルムや印画紙、医薬品のカプセル、接着剤まで身の回りでたくさん使われています。

ゼラチンはコラーゲンから抽出されています。

動物の体を形作っている繊維状タンパク質コラーゲンは、そのままでは水に溶けませんが、水に入れて長時間加熱すると溶ける性質があり、これがゼラチンになります。

生産量を安定させるために、多くは豚や牛などの家畜の骨や皮から抽出していますが、これまでの製造法を活かして、鮭皮などから抽出するマリンゼラチンなどの開発も行われています。

タンパク質を多く含んでいるものをゼラチンの原料にしていますので、ゼラチンを摂ることはコラーゲンを摂取していることと同じになります。

ゼラチンの起源は、古代エジプトのニカワ(膠)製造であると言われ、化学接着剤が発明されるまで天然物を原料とする接着剤として、古くから様々な分野で幅広く利用されていました。

1700年頃よりヨーロッパで工業的生産が始まり、1800年代に食用ゼラチンが生産されるようになりました。

食用ゼラチンは無味なので、食材と混合しやすく、色々な食材を食べやすく加工して、のど越しをよくする働きがあります。

お菓子作りや普段の食事の他に介護にも重宝されています。

コラーゲンでできたゼラチンは、肌の保湿性を高め、若返り効果や高血圧防止、骨粗しょう症の軽減、関節炎の治癒などにも効果があるとされます。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る