コラーゲンでできたゼラチンの医薬品利用

動物性たんぱく質コラーゲンからできているゼラチンは、人体に無害で消化吸収される特長があります。
ゼラチンのこの特長から健康食品や医薬品のハード・ソフトカプセルの基材として広く使用されています。
日本では年間約1000トン以上のゼラチンが使用され、「医薬用ゼラチン」として規定されています。
「医薬用ゼラチン」は日本薬局方によって、純度が厳しく決められ、安全な管理体制のもとで開発・製造されています。
ゼラチンは人体に無害であること、体内で消化吸収される動物性たんぱく質であることの他、ゾルーゲル変化をし、乾燥すると強固な皮膜を作ること、酸素や水分を透過しにくいことといった特長があります。
ゼラチンの代表的な用途として、ハードカプセル、ソフトカプセル、錠剤、丸剤、トローチ剤、代用血漿、ゼラチンスポンジ、座薬などがあります。
ゼラチンを使用した胃で溶けずに腸で効く薬なども開発され、ゼラチンの特長と先進のバイオテクノロジー技術を融合したハイレベルな医薬品が生まれています。
ゼラチンは健康食品や医薬品以外に、化粧水、乳液、美容液、口紅、シャンプー、リンスなどにも使用され、女性に身近な製品に広く使われています。
コラーゲンを加熱して溶け出したものがゼラチンで、ゼラチンは良質のコラーゲンの固まりと言えます。
ゼラチンを食事に取り入れ、美味しく食べて、体内から直接コラーゲンを摂取すれば、さらに美容効果を期待できると思います。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る