コラーゲンの種類について

私達の体に存在しているコラーゲンは実に30種類以上も存在していると言われています。
皮膚や骨、臓器などに存在しているコラーゲンといっても、その部位によっては異なる性質のコラーゲンが存在しているのです。
関節の軟骨などには「Ⅱ型コラーゲン」が多く存在しているなどというように、体の部位によって種類が違います。
お肌の弾力維持に欠かすことができないコラーゲンというと「Ⅰ型コラーゲン」という種類に分類されます。
これは線維性で、真皮に多く存在していて水分維持と弾力を生み出す元となっているのです。
年齢と共に不足していきますので、積極的にコラーゲンがよく含まれている食事などから補給することが大切なのです。
コラーゲン不足を効率良く補うためにサプリメントを活用する方も多いと思います。
サプリメントの原材料を確認してみると、動物性コラーゲンや海洋性コラーゲンという表記がされているかと思います。
動物性の方は豚や牛、鶏などが原材料となっています。
人間の構造と似ていることからよく用いられることが多いのが特徴です。
海洋性の方は魚の皮、骨、鱗などが原材料となっています。
アレルギーの心配が少なく、匂いも少ないということからドリンクタイプに利用される場合が多いようです。
体内への吸収率を高めるために低分子化させた商品も開発されています。
サプリメントを活用する場合はできるだけ体に吸収しやすい商品を選ぶためにも、分子量に注目して選択することをおすすめします。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る