コラーゲンを多く含む食品

お肌のためにコラーゲンを食べるというのが、
女性の間で定着しています。

サプリメントが多く出ていますが、普段の食事で摂取するには
どのような食品を摂れば良いでしょうか?

コラーゲンを多く含んでいる食品と言えば、
なんと言ってもフカヒレです。

フカヒレはサメの軟骨ですが、高級食材のため、
普段口にできるものではなく、毎日摂れるものではありません。

家庭料理で使えそうな食材で、動物性コラーゲンの代表的なものに、
スペアリブ、牛スジ、豚足、鶏の皮、手羽先などがあります。

海洋性(マリン)コラーゲンの食材としては、
鮭の皮、あんこう、ドジョウなどが代表的です。
貝類ではサザエ、なまこなどに多く含まれています。
どちらかと言えば高カロリーの食材に多く含まれていると言えます。

海洋性の方が動物性に比べて吸収性が高く、
カロリーも抑えられるので食材としてはお勧めです。

1日に摂取したい量は3~5グラムなので、
摂り過ぎれば効果が期待できるどころか、
逆に肥満になってしまう恐れもあります。

また、体内でコラーゲンが生成されるのに必要なビタミンCや亜鉛、
鉄分を一緒に摂る必要があります。

手羽先のスープなどを作る場合は、スープに野菜を
たっぷり入れることで、バランス良く摂取することができます。

体の中で毎日分解と合成が繰り返されるので、
基本は食事で摂るようにし、不足分をサプリメントで
補給すると良いですし、サプリメントなら一緒に
効果的な栄養素を摂ることができます。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る