コラーゲンが不足するとどうなるの?

私達の体を構成しているタンパク質に含まれているコラーゲンはとても大切な役割があります。
年齢と共にコラーゲンは次第に不足しがちになってしまいますが、これが原因でどんなことが起こるのか確認してみましょう。
まず骨への影響として考えられるのが骨折しやすくなる、関節の痛みが生じて膝の曲げ伸ばしなどが辛くなるなどの症状が起こります。
腰痛や肩こりなどもコラーゲン不足が原因であるという説もあります。
血管を構成する成分のうちコラーゲンは適度な弾力を維持するために欠かすことができないものなのです。
コラーゲン不足に伴い硬くなってしまった血管が原因となり、血栓ができやすくなったり動脈硬化を引き起こす可能性があります。
命の危険に直結する病気が潜んでいる可能性もあるので、十分注意しなくてはいけません。
もちろんお肌にとってもコラーゲン不足は大きな影響を与えます。
皮膚の奥に存在している真皮のコラーゲンが不足してしまうと、適度な潤いを維持することができなくなったり、ハリを失わせることになってしまいます。
お年寄りによく見られる深いシワができる原因は、コラーゲン不足によって肌の水分と弾力が失われてしまった結果であるのです。
このようにコラーゲン不足は私達の健康やお肌に大きな影響を及ぼします。
大体40歳くらいからコラーゲンが次第に減っていくと言われていますので、できるだけ良質なコラーゲンを摂取するように心がけることが大切です。
一緒にビタミンCを摂取するとより効果的だと言われていますので参考にしてください。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る