低分子のコラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドは、ゼラチンを分解して低分子化した高い純度のたんぱく質なので、体内に吸収されやすい性質があります。
美容や健康のためにコラーゲンを多く摂りたいと思っても、たんぱく質は消化吸収に時間がかかるので、食事に含まれる全ての量を摂ることは難しいです。
より効率よく摂取できるように、小さな分子に分解したコラーゲンペプチドは、溶解性が高く溶けやすい性質と、ゲル化が弱く冷やしてもゼリーのように固まらない性質があるので、熱いスープや冷やした飲料などに混ぜることができます。
保湿性もあるので、健康食品の他、化粧品原料にも使用されます。
コラーゲンペプチドの原料は、牛、豚などの家畜の他に、ヒラメ、サケ、スズキなどの魚類の皮や鱗を使用していることが多いです。
全てゼラチンと同様に食用に使用される動物由来のたんぱく質そのもので、ゼラチンの加水分解によって製造されます。
産業用原料として白色か淡黄褐色の粉末、もしくは淡黄色か濃褐色の液状で使われます。
コラーゲンペプチドを摂ることによって、期待されている効果は、美容効果としてハリと潤いのある肌を保つこと、髪の毛や爪を美しく伸ばし、ツヤを保つことがあります。
健康効果としてカルシウムやリンを繋ぎとめ成長を支え、軟骨を再生し、骨と骨の摩擦をサポートすること、全身の新陳代謝を活発にし、脂肪の蓄積を抑制すること、細胞に酸素や栄養を供給し、老廃物を運んでいくことがあります。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る