動物性コラーゲンの特性

動物性コラーゲンは昔から利用されてきたもので、原料は牛、豚、鶏などの動物の皮・骨・軟骨から抽出されます。
非常に熱に強い性質があり、加工がしやすいので、ゼラチンや化粧品など多くの商品として加工され、販売されています。
しかし、動物性コラーゲンには濃度を高くすると、動物特有に臭いや味が強くなってくるというデメリットがあります。
また、成分となっている牛や豚、鶏の体温が約38度から45度と、人間より高温のため、体内で消化吸収するのに時間がかかってしまうという点があります。
消化吸収されなかった分は体外に尿などとして排出されてしまいます。
加えて動物性コラーゲンは繊維が多く入り込んでいる特徴があり、低分子に分解しづらく、消化吸収されるときに内臓に大きな負担をかけてしまうという点もあります。
これまでは動物性では、牛を原料としたコラーゲンが最も多く流通していたのですが、狂牛病問題が起きてから、日本でも牛を原料としたものは規制されるようになりました。
現在では豚や鶏を主に原料にしたものが主流になっています。
ただ、豚や鶏の飼育過程で薬剤などが与えられている場合は、残留薬剤のおそれがありますので、動物性コラーゲンを使用する際は、原料について十分に確認する必要があります。
まとめると熱に強く加工しやすい半面、消化吸収されるのに時間がかかるので、即効性が期待できない、安全性については海洋性と比べて心配があるということが言えます。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る