妊娠中や授乳中のコラーゲンの摂取は?

妊娠中や授乳中にコラーゲンサプリは摂取してもよいのでしょうか?
妊娠中は赤ちゃんのためにバランスよく栄養を摂ることが大切で、お肌や美容のために自分の判断でコラーゲンサプリを摂取するのはリスクがあります。
サプリメントは医薬品ではありませんが、特定成分を抽出し配合しているので、特に病院の治療を受けて薬を処方されている方は、念のために医師に相談して下さい。
まず、サプリメントの容器やメーカーのホームページに注意書きがされていないかをチェックし、飲んでも大丈夫なのかしっかり調べましょう。
コラーゲンサプリは、一緒に配合されている美容成分の方に気をつける必要があるものがあります。
特に妊娠中、授乳中に気をつけたいのは大豆イソフラボンで、食品安全委員会は次にように警鐘を鳴らしています。
「大豆イソフラボンを過剰摂取すると胎児や新生児に影響を及ぼすかどうか、明確には分かっていませんが、動物実験では卵巣や精巣など生殖器官に有害な作用があると報告されています。そのため、妊婦や乳幼児、小児などが特定保健用食品(サプリなど)として、大豆イソフラボンを食事に追加して摂取することは推奨していません。」
大豆イソフラボンを配合しているドリンクタイプのコラーゲンサプリには、「妊娠中・授乳中の方は摂取しないで下さい」と容器に注意書きがしてあります。
また他のサプリメントで摂取可能なものでも、「必要な場合は医師と相談して下さい」と一文が書かれています。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る