ほうれい線を消すお顔のエクササイズ

「ほうれい線ができやすい生活、できにくい生活」というのがあるようです。
皮膚の中の水分が減って、体積がなくなると、お肌にハリやツヤがなくなります。
これが特にはっきりと口元に出てしまったのが、ほうれい線です。
が、皮膚だけがかかわっているのはありません。
さらにその下の表情筋も関係しています。
表情筋は文字通り、笑ったり怒ったりといった表情を作り出す筋肉です。
これもやせ衰えると、その上にある皮膚も垂れ下がってしまい、やはりハリやツヤがなくなってしまいます。
外に働きに出ている人はほうれい線はできにくいようです。
営業職や窓口係で、人と会って、たとえ作り笑いでもニッコリする必要のある人は常に表情筋を使っていますので、自然と鍛えられるのです。
逆に、人に会う機会の少ない生活をしていると、どうしてもこの表情筋を使う機会が少ないのです。
さらに、考え事が多かったり、黙々とパソコンに向かっている、子育てに悩んでしかめっ面をしている……といった人は、表情菌が退化してしまったり、さらにはこわばってしまっています。
この場合は、まずは表情筋に柔軟性を取り戻すことから始めましょう。
①握りこぶしを作り、人さし指や中指の第二関節でほお骨の下に入り込ませるような感じで、ゆっくり押します。
②広げた手のひらで、両ほおを包みます。
親指は耳の後ろに来ます。
この状態で親指に力を入れ、持ち上げるような感じで、手を滑らせます。
気持ちのいいところを見つけたら、そこをじんわり押します。
③両手の指の腹で、ほおをタップしていきます。
リズミカルにやりましょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る