ホウレイ線を消すボトックス注射は賛否両論

ほうれい線の解消方法のひとつに「ボトックス注射」があります。
その効果や悪影響について、いろいろな見方があって、必ずしもおススメはできません。
が、選択肢の一つであることには間違いありません。
ボトックスとはボツリヌス菌から抽出された成分のことを言います。
ご存じの人も多いでしょうが、ボツリヌス菌は胃腸に入ると強烈な食中毒を引き起こします。
これを注射液の成分としているのです。
筋肉に注射すると、食中毒は起きません。
代わりに筋肉の動きを長期間にわたって止めます
まず、1970年代から顔面チック症や斜視などの治療方法として、眼科や神経内科で採用されるようになりました。
美容へ応用されるようになったのは、今世紀に入ってからです。
筋肉の動きが止まると同時に、緊張もなくなります。
なので、筋肉がこわばっているためにできている眉間や額のしわもなくなります。
ほうれい線も例外ではないのです。
効き目は半年ぐらい持続します。
定期的に注射を繰り返すことも可能です。
治療は一回10分ぐらいです。
これを批判する人の理由としては、「表情筋が衰えるので、表情が乏しくなる」というのが代表的なものでしょう。
「とくに成長期の人が使うと、筋肉の発達に悪影響を及ぼす」と懸念する人もいます。
ほうれい線を解消する方法のひとつとして、「表情筋を鍛える」というのがあります。
まったく正反対の考え方といえるでしょう。
また、同じく注射ということでは、美肌成分であるヒアルロン酸を注入して、お肌の体積を回復するという方法もあります。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

109

2014.1.22

プラセンタサプリとコラーゲンサプリはどっちがいいの?人気アイテムの違いをまとめました。

美容に良い成分として人気のプラセンタサプリですが、 同じく美容に効果が期待できる成分であるコラーゲンサプリとどう違うのか、 よくわからな…


ページ上部へ戻る