プラセンタ注射のデメリット

近年人気のプラセンタ注射には副作用はないのでしょうか?
更年期障害や乳汁分泌不全、肝機能疾患といった病気の治療のためにりようして副作用が出てしまうのは仕方ないことにせよ、アンチエイジングや美肌効果を期待して使用して副作用に悩まされるのはちょっと・・・という人も多いかと思います。
筋肉注射や皮下注射が一般的なプラセンタ注射は注射する前に医師から説明があったり、クリニックによっては同意書にサインが必要な場合があります。
説明の中にはちょっと心配な文言も記載されていてドキッとしたという経験がある人も少なくありません。
心配な文言の例としては、たとえば「献血ができなくなる」という点です。
病気の治療として利用しても、美容目的で利用しても、現在プラセンタ注射を受けると自分の血液を献血できないことになっています。
これはヒトプラセンタを体内に入れることによって、クロイツフェルト・ヤコブ病の感染するリスクがゼロと言い切れないからです。
これはプラセンタ注射を受けるとクロイツフェルト・ヤコブ病になるということではありません。
実際に感染の報告があるわけでもありませんが、検査方法が確立していないというのが大きな理由のひとつです。
プラセンタ注射の副作用として報告されているのは注射による発赤、かゆみ、吐き気といった症状で、特に重大な副作用は報告されていません。
副作用や献血ができなくなることが不安なようであれば、サプリメントやドリンク、スキンケアアイテムといった別の方法でプラセンタを摂取するのがおすすめです。
自分が納得し、安心して利用できる方法を選びましょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

Beautiful asian woman

2014.1.6

ニキビ跡にもプラセンタは効果的

できてしまったニキビの跡を消すのは本当に難しいことです。 肌の炎症であるニキビは乾燥や紫外線による刺激など 様々な原因によって起こる…


ページ上部へ戻る